李クリニック 宝塚市小林のホームドクターです。内科・消化器内科・外科。CT・X線・内視鏡などお任せください。










内視鏡検査
胃がん、食道がん、大腸がんといった消化器系の早期がん発見は、X線バリウム検査では発見率が低く、早期発見のためには内視鏡検査が重要とされています。

(胃カメラ)
胃腸の調子が気になり、検査を受けようと思っても、不安があったり、苦痛があるのでは? と考えている方は多いのではないでしょうか。
胃内視鏡検査は、個人差はありますが、カメラが喉の奥に入ったところで「オェッ」と不快を感じる方が多くいらっしゃいます。そこで当院は苦痛の少ない「経鼻内視鏡(鼻からの内視鏡)」を行っております。
経鼻内視鏡ではファイバーが舌の付け根を通らず喉に触れることがないので、吐き気などの症状を感じずに検査を受けることができます。
そして、検査中Drと会話ができるほど苦痛は少なく安心して検査を受けることができます。

(大腸カメラ)
腹痛、下痢、便秘、便潜血、血便などの原因となる炎症性疾患やポリープはもちろん、近年、わが国では食事の欧米化により、大腸がんの発生率が急増しています。
大腸カメラを行うことで、大腸がんを早期発見できるだけではなく、ポリープががん化しない良性のうちに切除し、大腸がんを未然に防ぐことができます。